1週間、夕食断食に挑戦!

みなさまこんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

連日、暑さが続いていますが体調崩してなどいませんか?熱中症や夏バテなどに注意し夏を乗り切りましょう。

さて、タイトルにもある通り、1週間夕食断食に挑戦しました。

参考にしたのはこちらの本。

1週間、夕食断食に挑戦!

私が断食に挑戦してみたいと思ったきっかけは、やはりいつの間にか増えていった体重を減らしたかったからです。YouTubeをみながらエクササイズするなどして、それなりに努力したのですが、体重が減る気配なし。食生活を今一度見直してみようと思いました。

今までの食生活は

  • お菓子好きでおやつは欠かせない。
  • お酒好きで、飲みながら晩ごはんの準備するのが至福のとき。
  • 野菜は嫌いではないけれど、サラダとか用意するのが面倒であまり食べていなかった。

この食生活をまずは正していこうと改善をはじめました。

夕食断食のやり方

※持病のある方や通院していいる方などは医師と相談の上、はじめたほうが安心です。

  • スタートする時期は男性はいつでもよいが、生理のある女性の場合は生理後にはじめるのがよい。
  • 寝る8時間前には食事を済ませておく。
  • 水分を取るのはよい。具なしの味噌汁やスープなど。
  •  断食明けの朝食は発酵食品と食物繊維の多い食品を積極的にとる。

夕食断食をやってみて

  • 体重は1.9㎏減
  • お腹がグゥっとなって、腸が動いているのを感じた
  • 便秘が改善
  • 朝が楽になった
  • むくみがとれた

始める前は空腹に耐えられるか不安がありました。でも、水分を摂ったり、具なしの味噌汁を少し飲むことで気を紛らわせることができました。

効果も断食二日目の朝から感じることができました。私は朝が弱く、体が重いほうなのですが、朝起きたときの体が軽く感じました。

日が経つにつれて、空腹にも慣れお腹がグゥっとなると腸が動こうとしているのが分かりました。それとともに、今までは空腹を感じないままいろいろと食べていたんだなぁと感じました。

体重の変化はそれほど大きいものではありませんでしたが、むくみがとれたり、『ぽっこり』だったお腹が、『ぽこ』ぐらいになりました。

断食後も意識していること

今までは朝、昼、晩、と時間がきたら食事をするという習慣になっていましたが、断食後は空腹を感じてから食事をするようになりました。

発酵食品や食物繊維の多い食品をとることも意識して、すぐに食べられるように作り置きなどもしています。サラダやきのこ、納豆やお味噌汁などといったものを積極的に摂るようにしています。

体重を減らしたい、ダイエットという意識でいるとどうしても我慢を強いられているような気がしてしまいますが、腸を休ませて本来の力を取り戻してあげようという意識でいると食に気を付けることができます。

また、夕食断食に挑戦したいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)

参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる