夏にぴったり!アイスコーヒーは水出しコーヒーがおすすめ

みなさんこんにちは。おけいさんです。

みなさんは、コーヒー飲みますか?

私はコーヒーが大好きで1年中飲んでいます。

気温が高くなってくると飲みたくなるのがアイスコーヒーです。

今までは、ペットボトルのコーヒーを冷やして飲んでいましたが今年は『水出しコーヒー』に挑戦しました。

ということで、今回は水出しコーヒーについてご紹介したいと思います。

コーヒー好きの人や本格コーヒーを味わいたい方はぜひ、見てくださいね

目次

水出しコーヒーとは

水出しコーヒーは水を使って抽出したコーヒーです。

『コールドブリュー』や『ダッチコーヒー』とも言われています。

水出しコーヒーのメリット

メリット
  • コーヒー粉を水に入れて放置するだけなので手間いらず
  • コーヒーの成分を長い時間かけて抽出するのでコーヒーの香りと味がたっぷり溶け出す
  • 渋みや苦味が少なくさっぱり飲みやすい
  • 酸化しづらく3日間ほど味が落ちずに保存可能

水出しコーヒーは、お湯で抽出するコーヒーとは違い、長いじっくりかけて抽出します。
そのため、渋みや苦味が少ないです。

苦味のあるコーヒーが苦手な人も飲みやすくなります。

水出しコーヒーのデメリット

デメリット
  • 抽出に時間がかかる
  • お湯ほどコーヒーの成分が抽出されない
  • コーヒーの質が良くないと嫌な香りが出てしまうこともある

デメリットは、なんといっても時間がかかること。
6〜8時間かかるので、あらかじめ時間をみて作らなければなりません。

水出しコーヒーの作り方

水出しコーヒーの作り方をご紹介します。

コーヒーバッグを使った方法

材料

コーヒー粉 50g

ティーバッグ

水 500ml

広口のポットまたはピッチャー

・豆はアイスコーヒー用のものか深煎りのものが良いです。

・粉と水は1:10割合で

①ティーバッグにコーヒー粉を詰める。
②ポットまたはピッチャーに水と粉を入れたティーバッグを入れて常温か冷蔵庫で4〜8時間おく。
③時間がたったらティーバッグを取り出して、コーヒーを全体を混ぜる。

この方法はコーヒー粉をティーバッグに詰めるので後片付けがラクになります。

こんな感じのポットがいいです。

巾着タイプのティーバッグが便利。

直接コーヒー粉を水に浸す方法

材料
  • コーヒー粉 40g
  • 水 500ml
  • 大きめのポット
  • ドリッパー
  • フィルター

①水を入れたポットにコーヒー粉を入れて、全体に広がるようにかき混ぜる。
②8時間ほど冷蔵庫におく。
③もう一つのポットにフィルターでこして完成。

専用ポットを使った方法

こちらの方法は私もやっています。
私は『ハリオのコーヒーボトル』を使っています。

材料
  • コーヒー粉 55g
  • 水 700ml

①ストレーナーにコーヒー粉を入れてボトルにセットする。
②ボトルの注ぎ口から水をゆっくり注ぐ。
③ボトルをゆっくり左右に振って、コーヒー粉に水をなじませる。
④冷蔵庫で8時間おく。

おいしい水出しコーヒーを作るコツ

おいしい水出しコーヒーを作るにはちょっとしたコツがあります。

コーヒー粉は中細挽きの深入り豆を使う

水出しコーヒーは抽出効率が落ちます。
そのため、苦味とコクが強くなる『深煎り』がおすすめです。

挽き具合は『中細挽き』が適しています。
『粗挽き』だと抽出効率が悪く、うす味になってしまいます。

また、アイスコーヒー用の豆もあるのでそれを使っても良いですね。

水は軟水

水出しコーヒーに限らず、コーヒーをいれるのに適しているのは『軟水』と言われています。
コーヒー本来の味が楽しめます。

『硬水』だとミネラルが多く、苦味が増したり口当たりが固くなります。

1日おく

水出しコーヒーは一晩おくと酸味が取れてさっぱりした味になります。

水出しコーヒーを楽しもう!

水出しコーヒーについてや作り方についてご紹介しました。

コーヒー粉を水につけるだけでできてしまうので、意外と簡単に作れます。

ゆっくり抽出するコーヒーは苦味が少ないので、コーヒーが苦手な人でも飲みやすくなります。

ぜひ、水出しコーヒーに挑戦してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました(^_^)

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる