心のもやもやを整理する

徒然日記

 つい先日、心がもやもやする出来事がありました。夫に話を聞いてもらったけど、まだもやもやがおさまらない。温かい飲み物を飲んで、深呼吸して心を落ち着けてみるけど、まだくすぶっている。そんなとき、私はある方法でこのもやもやを解消しようと試みます。

書き出してみる。

紙とペンを用意して書き出してみるのです。何がどんなふうにもやもやするのか。できるだけ細かく。そうすると、考えていることが整理されて、自分の一番ひかかっている点が浮かび上がってきます。

自分の短所に改めて気づかされたり、あるいは、もやもやしていたことが実はそんなに大したことじゃないと気付かされたり。そして、何より書いたことによりすっきりとした気持ちになります。

嫌な事があった。自信をなくした。ムカつくことがあった。
生きているとどうしたって心がもやもやする場面に出くわしてしまいます。そんなとき、誰かに聞いてもらうこともいいけど、紙に書き出すことも自分の心のうちを客観的に見ることができ今後の改善策が見えたり、本当の自分の気持ちに気づいたりします。

実際に、「筆記開示」と呼ばれる心理療法があるそうです。これは、1980年代に生まれたもので、自分が体験したネガティブな経験を、その時の感情や思考について包み隠さず書き記すというものです。とてもシンプルな手法にみえますが、多くの実証研究があり、不安やうつ状態への効果が認められているそうです。

今回、私は感じたもやもやを書きだしたことによって、自分の短所に改めて気づかされました。「こういう弱点があるんだ。これから気を付けよう」と思えたし、気持ちがすっきり軽くなりました。

f:id:okeisandayo:20200131143235j:plain

応援よろしくお願いします! 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました