おけいさんブログ

関節リウマチ、うつ病持ち。持病があっても楽しく過ごす!

専業主婦でいること

ご訪問ありがとうございます。

今日でブログを始めて一ヵ月になりました。毎日更新は難しく、記事もまだ少ないですが、頻繁にパソコンに向かいブログを書くことが楽しくなっています。まだまだ、未熟なブログですが読んでくださる方がいること、嬉しく思います。これからも、読んでくださる方のお役に立てるようにブログを続けていきたいと思います(^-^)

 

さてさて、私は専業主婦歴2年目です。それまでは、パート勤めをしていました。専業主婦の人は「何で働かないの?」と聞かれることがよくあると思います。

特に私のように子供がいないとその質問を投げられる確率が高いのではないでしょうか?また、子供がいても今は共働き家庭が多いので、その質問をされることもあるでしょう。

 働いていても例えば時短勤務なら、「何でフルで働かないの?」という質問もきます。

みんなよその家庭のことが気になるのでしょう。

幸いなことに私は子供がいないのでママ友と呼べる人がおらず、昔からの友達ともを疎遠になってしまい、そういった質問を投げかけることは少ないほうだと思います。

ですが、そういった質問をされたときは何となく、働いていないことに後ろめたい気持ちになってしまうこともあります。

 

専業主婦でいることには人それぞれに理由がある。

  • 家事が好き。
  • 持病があって、家事するだけで精一杯。
  • 外に出て働くのが向いていない。
  • 旦那さんが働かせてくれない。
  • 介護している。

など、他にもたくさんあると思います。

 

私の場合は専業主婦の方が良かった

私の理由は、持病があって家事するので精一杯というところだと思います。

結婚したばかりの頃はパート勤めをしていました。体力勝負の仕事だったこともあり、仕事が終わるころはもう疲れ切っていて、食事は総菜や外食に頼ってしまうことが多く食費がかさんでいました。仕事をすることで料理ができず結果、家計が乱れてしまう。休みの日も怠くて家事がままならない。働いていてもたいしてお金は貯まらず、体もつらいだけ。いっそ仕事を辞めたほうがいいんじゃないかと思っていました。そのうちに体力の限界がきて仕事を辞めることになりました。

仕事を辞めたら、体が楽になり食事を作れるようになったので外食が減りました。その分お金が浮くようになり、休みの日は寝ていたのが他の家事ができるようになりました。私の場合は働かいほうがよかったんだと思う反面、子育てをしながら家事も仕事も両立できる人がうらやましくもありました。

 

 

世間一般でいう多数派(例えば、結婚して、子供がいて、夫婦共働きでというような)に属さず、少数派に属していると何故か心細いような、後ろめたいような、悪いような気持になり、居心地が悪くなってしまうときがあります。自分はこうです!と自信を持てればいいのですが、なかなか、そうはなれません。(私だけかな?)

 

よそはよそ。うちはうち。

小さい頃よく、親に言われませんでしたか?笑

人はそれぞれの生き方があってみんな違っています。人のことがうらやましくなることもあるけれど、うらやましいいと思う相手の人も見えない苦労があるかもしれません。誰かと比較するのはやめて、自分の生き方に自信を持ちたいと思うのです。

 

応援お願いします!

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村