鉄のフライパンを使っています

料理

みなさまこんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

鉄のフライパンを使って、1年が経ちました。

f:id:okeisandayo:20200812124111j:image

それまでは、テフロン加工のものを使っていたのですが、使い続けると共に、加工が剥がれてきて買い換えを考えていました。

なぜ、鉄のフライパンにしたかというと、YouTubeで料理の動画を見ていたのですが、そこで使われていたのが鉄のフライパンでそれがすごく格好良くみえたのです。

そこから、鉄のフライパンを調べてみたら私にとってはメリットの方が大きかったので買い換えることにしました。

鉄のフライパンのメリットデメリット

メリット

  • 高温調理ができるので食材の旨味を逃さない
  • 鉄でできているので傷がつくのにビビらなくてすむ
  • 鉄の成分が出るので、鉄分が摂取できる
  • ずっと使える

デメリット

  • 最初に行う油ならしの手間がかかる
  • 重たい
  • こびりつくことがある

実際に使ってみて

高温調理できるので素材がベチャッとしないです。

目玉焼きは白身がぷりっぷりになる気がするし、肉や魚はジューシーになるし、チャーハンもパラパラになります。(個人の感想です。)

フライパンが汚れてしまっても、ガシガシあらえます。私は、焼きそばを作ると毎回、麺がこびりついてしまいますが傷を気にぜずにたわしで擦って洗っています。

鉄フライパンは最初に、空焼きをして油を馴染ませるという工程をしなければいけません。そこが手間に感じる方もいることでしょう。でも、この工程は最初だけですし、私はフライパンを育ててるようで楽しかったです。

唯一の難点だなぁと感じることは重さです。軽量のものと比べたらとても重いです。片手で持ち続けるのはしんどいですが筋トレだと思って持っています。

鉄フライパン、使いこなせるか不安な部分もありましたが、買ってみて正解でした。

長く使えるので一生モノのフライパンに育てたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)

参加しています。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました