【腸活!】おすすめ発酵食品三五八漬けの素は肉や魚にも使える

かんたんレシピ

みなさまこんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

私は最近、腸活を意識していてそれに良いとされている食べ物を摂るようにしています。

前回、腸活におすすめの三五八漬けの記事を書きました。

三五八漬けに挑戦!
みなさまこんにちは。ご訪問ありがとうございます。みなさんは三五八漬けをご存知ですか?三五八漬けとは三五八漬け(さごはちづけ)は福島県、山形県、秋田県の郷土料理で、麹で漬けた漬物である。漬床に塩、米麹、米をそれぞれ容量で3:5:8...

今回はもう少し掘り下げてみたいとおもいます。

腸活をしている人や気になっている人にぜひ、読んでいただきたいです。

腸活とは腸内環境を整えること!

腸の大きな働きには消化・吸収・排泄・免疫があり、24時間絶え間なく働き人間の生命を支えていると言われます。脳からの指令がなくても自分で判断し活動するので「第二の脳」ともいわれているほどです。

腸内環境を整えることによる効果

  • 美肌、ダイエット効果
  • 免疫力をあげる
  • メンタル面の健康
  • 睡眠改善

などがあるそうです。

腸活には発酵食品と食物繊維!

腸内環境を整えるとはどいうことでしょうか?

腸には100兆個以上の菌が存在すると言われています。その種類は善玉菌が2割、悪玉菌が1割、優勢な方を応援する日和見菌が7割。

この日和見菌を味方につけることが、腸内環境を整えるために必要なのです。そしてそのカギになるのが「発酵食品」と「食物繊維」。

Oggi.jpより

そこで私は発酵食品である漬物。漬物のなかでも三五八漬けに注目しました。

三五八漬け

三五八漬けは麹漬けのことで漬け床の塩、米麹、米の割合が3:5:8になっていることからそう呼ばれているそうです。

この三五八漬け、

  • 三五八漬けの素を使えば簡単
  • 毎日かき混ぜる手間はなし
  • 野菜だけではなく肉や魚も漬けられる

といいこと尽くしなんです。

ちなみに私が使っている三五八漬けの素はこちら


水と混ぜるだけで簡単に素が作れます。

きゅうりやにんじん、なすなどをつけていたのですが、先日、肉と魚を漬けてみました。

肉や魚も漬けてみよう

まずはお肉

鶏胸肉を使ってみました。適当な大きさに切った鶏胸肉と三五八漬けの素をポリ袋に入れ、封をして軽く揉み冷蔵庫で4,5時間置きました。

f:id:okeisandayo:20200909180510j:image

フライパンで焼きました。

f:id:okeisandayo:20200909180517j:image

魚はこちら

こちらは旬を迎える鮭です。鮭をポリ袋に入れて表面に三五八漬けの素を塗り封をして軽く揉み冷蔵庫で4,5時間置きました。

f:id:okeisandayo:20200909180541j:image

こちらフライパンで焼きました。

f:id:okeisandayo:20200909180551j:image

肉も魚も身がパサつかずしっとり、ふっくらしました。とてもおいしかったですよ。

他の種類の肉や魚にも使えて応用がききそうです。

いかがでしたか。毎日を元気に過ごすためにも腸活をはじめてみるのもよいのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました(^-^)

参加しています。

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました